カラーコーディネーターになる為の方法について徹底解説中!


↑↑↑
6か月でカラーコーディネーターの資格が取れるおススメ講座!

カラーコーディネーターに必要な資格

メジャーな検定である「色彩検定」「カラーコーディネーター検定」 のどちらかの資格を取得をすると良いでしょう。

どちらかの資格を保有していれば“カラーコーディネーター"として名乗ることができます。

色彩検定

「色彩に関する幅広い知識や技能を問う検定試験」として、「色彩検定協会(旧名: A・F・T=全国服飾教育者連合会)」によって実施されている検定試験です。

実施団体の旧名称が「全国服飾教育者〜」であることからもわかるとおり、もともとはアパレル業界における色彩スキルの向上を目指して実施されていました。

現在では、服飾分野だけに限らず、インテリア・照明・環境設計など幅広い分野における色彩学的知識が検定の対象となっています。

カラーコーディネーター検定

東京商工会議所が実施する色に関する知識や技能を問う検定試験です。

1級から3級までの3段階に分かれており、1級は更に3分野に分かれているのが特徴です。

試験は誰でも受験することができ、1級と2級、または、2級と3級の併願受験も可能です。各級共に100点満点中70点以上の得点で合格となり、合格後は各級に応じた称号が与えられます。

1級は2級、3級に比べ格段に難易度の高いものとなっています。

カラーコーディネーターになりたい!メニュー