カラーコーディネーターになる為の方法について徹底解説中!


↑↑↑
6か月でカラーコーディネーターの資格が取れるおススメ講座!

あらゆるシーンに応用可能

店やネット上、生活空間など…すべての場所、シーンに色彩があふれています。

色は常に私たちの身近に存在し文化や時代に大きな影響を与えてきました。

その時代を象徴する流行色があり、商品やデザインを何色にするかで全く異なった・時には真逆の印象をあたえたりするでしょう。

色彩の知識を身につければ、色の持つ効果をビジネスシーンで活かすことができます。

カラーコーディネーターの仕事【商品開発】

商品開発における色彩の提案はまさしくその商品の売れ行きを左右すると言っても過言ではありません。

アルカリ性飲料のイメージが青、弱酸性飲料のイメージが赤というように、色で消費者はその商品のイメージを形作っています。

ですから、相応しくない色彩の提案は、その商品の印象が伝わらないばかりか、真逆の印象を与える時もあるのです。

カラーコーディネーターの仕事【グラフィック・WEBデザイン】

会社のイメージを伝える広告グラフィックやWEBデザインは特に色彩に関して慎重でなければなりません。

例えば、遊技場や公園を運営する会社のデザインではカラフルな原色系を多用する事が、その会社の特性を印象づけるものとして多用されます。

これがモノトーン系の色だと、なんとなく楽しそうなイメージはわいてこないでしょう。

また、企業同士の色彩に関するイメージ戦略はその会社にいるカラーコーディネーターの能力が左右するといっても過言ではありません。

カラーコーディネーターになりたい!メニュー