カラーコーディネーターになる為の方法について徹底解説中!


↑↑↑
6か月でカラーコーディネーターの資格が取れるおススメ講座!

カラーコーディネーターにはどんな人が向いている?

色に興味があることは勿論のこと、デザインに携わるお仕事となるために、デザインすることに興味を持てる人が前提となります。

また、色彩の効果を客観的に説明する必要があるため、論理的な思考が必要となります。

その色を配色するとどのような効果があるのか?ということをきちんと明白に伝える必要があるため、わかりやすい説明ができるよう心掛けなくてはいけません。

相手に自分の言葉をきちんと伝えられる人

この仕事は、相手の言葉からニーズを理解し、豊富なことばづかいでわかりやすく的確に説明したり、答えなければいけません

例え、色彩の知識がいくらたくさん身についていても、それが正しくわかりやすく相手に伝えられなくては意味がありません。

“コーディネーター"ですから、話す、聞く、書くなどのコミュニケーション能力が必要不可欠です。

どのような分野で活動するにせよ、多くの人と接する職業なので、社交的であり、かつ人と会話をするのが好きな人に向いているでしょう。


カラーコーディネーターになりたい!メニュー