カラーコーディネーターになる為の方法について徹底解説中!


↑↑↑
6か月でカラーコーディネーターの資格が取れるおススメ講座!

カラーコーディネーターの仕事内容

実際にはそれだけでお仕事として成り立つことはほとんどありません。
しかし、色彩に関する知識は様々なお仕事に必要とされています。

寒色系の色は寒い印象を与え、暖色系の色は暖かい印象を与えるというように、人間の心理や生理は色彩に与える大きな影響を受けており、その効果的活用が大きな関心を呼んでいます。

カラーコーディネーターの主な仕事は、そのような色彩のもつ特性を上手に活かして、それぞれのニーズに合ったカラーイメージをコーディネートすることです。

カラーコーディネーターの活躍の場

色の使い方や組み合わせ方のアドバイスやコンサルティングが中心となりますが、具体的には次のように多岐にわたっています。

1. ファッションのカラーアドバイス
2. 色彩提案と販売力開発のアドバイス
3. 商品の開発に関する色彩提案
4. 店舗・建築・インテリアの色彩計画に関するアドバイス
5. その他色彩管理等

個人のファッションから商品開発、都市計画まで、色彩が関わってくる分野は幅広いです。仕事のジャンルや内容はやる気と実力次第で、無限大に広がります。

カラーコーディネーターになりたい!メニュー